HOME | 魚焼きグリルの掃除(エコ掃除ステップアップ)

掃除
エコ掃除ステップアップ(重曹掃除:クエン酸掃除)

キッチン 魚焼きグリル掃除 (重曹掃除)

魚焼きグリル掃除

 
重曹を活用して魚焼きグリルの掃除を掃除しましょう。
 
 使い終わった後、重曹を使ってサッと魚焼きグリルを掃除すれば手入れは簡単です。
 掃除が遅れたり、掃除し忘れてしまうと、汚れや焦げがこびり付き手入れが大変になってしまいます。そうなると、年末の大掃除で大変なのはもちろん、普段の魚焼きグリルの掃除も大変になってしまいます。
 
 重曹を活用すれば、簡単に掃除する事が出来ます。
 綺麗で衛生的な魚焼きグリルを保ちましょう。

魚焼きグリルのトレーと網を洗う

 
まずは、魚焼きグリルのトレーを取り出して、トレー本体と網を洗いましょう。
 洗い方は簡単です。重曹を粉のまま振りかけてスポンジで擦って洗います。
 コツと言う程のものではありませんが、使い終わってすぐ洗う事が大事です。
 あるいは、こびり付きがひどい時は、桶に重曹水を作りそこに少し漬け込んでから洗ってもかまいません。
 とにかく、乾いてこびり付いてしまわない様にする事が大切です。
 
 汚れが原因で錆びたり、腐食したりすると、その部分を洗うのが大変になります。
 網は良く洗ったつもりでも、汚れが残っていたりする事があるので、洗った後に最終チェックをしましょう
 

魚焼きグリル本体を洗う

グリル掃除

トレーと網は洗っても、魚焼きグリルの本体を毎回洗ってる人は意外と少ない様です。しかし、ここに汚れを溜めると後々魚焼きグリルの掃除が大変になるだけでなく、焦げた臭いが残ったりして、おいしい魚が焼けなくなります。重曹水を使ってサッと、魚焼きグリルの中を拭くだけで綺麗に保てますので、魚焼きグリル本体の毎回の掃除を心がけましょう。
 
 重曹水スプレーで魚焼きグリル内に重曹水をスプレーします。その後、布巾などで水拭きします。弱アルカリ性の働きで油汚れを落としてくれます。汚れがこびり付いている場合は、重曹ペーストをスポンジに付けて擦って汚れを落とします。どちらの場合も、重曹を良く拭き取って下さい。重曹が残ると白い結晶になって目立ちます。
 


魚焼きグリル本体 重曹掃除前 と 重曹掃除後 
 

魚焼きグリルに汚れや焦げがこびりついた場合

魚焼きグリルの内の掃除をサボっていると重曹水をスプレーしたぐらいでは落ちない時があります。そういう時は重曹よりアルカリ性が強い「セスキ炭酸ソーダ」を水に溶かしてセスキ炭酸ソーダを作り、スプレーする事でより油汚れを取り除く事が出来ます。
 

セスキ炭酸ソーダ水の作り方
セスキ炭酸ソーダ(100円均一でも売ってます)の粉を水に溶かしてスプレーボトルに入れるだけです。
 【セキス炭酸ソーダ水作り方手順】
1、 スプレー容器にセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯程度。
2、水を500cc入れてよく溶かします。

 
使い方は重曹水と同じです。重曹水よりアルカリ成分が強力なので、よく油成分を溶かします。
 

魚焼きグリルを全然掃除してなくて真っ黒焦げの場合

こうなってしまうと、市販の強力アルカリ洗剤を使ったり、金たわしなどで擦って、焦げやサビなどを落とす必要があります。
 
 

掃除箇所別「重曹掃除、クエン酸掃除」↓↓

キッチン掃除


 

お風呂掃除


 

トイレ掃除