HOME | セスキ炭酸ソーダ

掃除
エコ掃除ステップアップ(重曹掃除:クエン酸掃除)

セスキ炭酸ソーダ

 

 
セスキ炭酸ソーダ

TVでも紹介され、とっても注目を集めているセスキ炭酸ソーダ。重曹と同じくエコな洗剤でもあります。でも、セスキ炭酸ソーダってどんなものか知ってますか?まずはセスキ炭酸ソーダの基礎知識から、セスキ炭酸ソーダを使った簡単掃除方法、ちょっとした応用までご紹介しています。
 

セスキ炭酸ソーダとは

「セスキ炭酸ソーダ 」は、重曹と炭酸ソーダが混ざったものです。

セスキ炭酸ソーダの粉

セスキ炭酸ソーダの粉


炭酸ソーダ(炭酸ナトリウムとも言う)は非常にアルカリ性の強い洗剤で油汚れに強力な力を発揮します。ただし、強力すぎて普段の掃除に使うにはちょっと難しかったりもします。
セスキ炭酸ソーダは、重曹とこの炭酸ソーダが混ざったもので、重曹よりアルカリ性は強いものの、扱いやすく普段の掃除に適しているという特徴があります。また、水に溶けやすいという性質もあるため、セスキ炭酸ソーダ水を作ってスプレーボトルに入れておけば、キッチンでの油汚れを落とすときに重宝します。
 
重曹より少しアルカリ性が強く溶けやすと思ってもらうと早いでしょうか。
 
私的にはセスキ炭酸ソーダが水に溶けやすいというのは、一長一短かなと思っています。セスキ炭酸ソーダスプレーをつくって油汚れにかける分には便利です。アルカリ性も強く、よく油を落としてくれます。セスキ炭酸ソーダ水のスプレーを作るのも楽ですしね。ただ、重曹のような研磨作用を活用してシンクを磨く何てことができません。だから、最近は研磨作用で磨くところは重曹、油汚れのキツイところは、重曹ペーストにセスキ炭酸ソーダを混ぜるなんて方法で使用しています。
 

セスキ炭酸ソーダ水(セスキ炭酸ソーダスプレー)の作り方

 セスキ炭酸ソーダ水の作り方は非常に簡単です。
 
水500ml:セスキ炭酸ソーダ5gが目安です。
 
販売されている商品によって、若干分量が異なるかもしれません。
セスキ炭酸ソーダの商品パッケージに大概作り方を書いてあるので、確認してみましょう。
水によく溶けるので、重曹水より簡単につくれます。作ったものをスプレーボトルに入れておきましょう。
 
 

換気扇、コンロ、レンジ、魚焼きグリルなどセスキ炭酸ソーダを使った掃除

基本的には、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、布巾などで拭き取ります。
重曹よりアルカリ性が強いので、油汚れをよく溶かします。
セスキ炭酸ソーダ掃除

 
セキス炭酸ソーダ掃除

ただしセスキ炭酸ソーダには界面活性剤が入ってないので泡立ちません(これもエコな洗剤の特徴の一つで良い事なのですが、、)。なので、油汚れがキツイ時などに少々、洗剤につけ込んであげたい時などに、うまく使えない時があります(セスキ炭酸ソーダ水はサラサラなので、スプレーした水がスーと落ちてしまう。泡だとそこに張り付くんですけどね)。そんな時は重曹ペーストと一緒に活用して下さい。
ギトギトの油汚れに重曹ペーストを塗って、その上からセスキ炭酸ソーダ水をスプレーするという方法もあります。重曹ペーストのおかげで、そこに留まってくれます。
 
一番最後はちゃんとセスキ炭酸ソーダ水を拭き取りましょう。
 

手垢やヤニなどの掃除にもセスキ炭酸ソーダ水

手垢やヤニもアルカリ性の洗剤でよく落ちます。ドアノブやスイッチ盤などの汚れに使ってみて下さい。注意点として、セスキ炭酸ソーダ水はサラサラなので、直接スプレーせず(下に垂れるし、スイッチ盤など漏電が怖いので)布巾やスポンジにすこし付けて拭いて下さい。また、最後の拭き上げ(拭き取り)も忘れずに。
 

セスキ炭酸ソーダは服などの洗濯にも使えます。

軽い汚れなら、他の洗剤を使わずセスキ炭酸ソーダだけでも洗濯できます。
目安は水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ30gです。汚れがキツイ場合は、水30Lにセスキ炭酸ソーダ30g入れ予備洗いした後に、通常の洗剤を入れ洗濯します。
※注:衣類によっては色落ちする事があるので、目立たないところで試してからお使いください。
 

掃除箇所別「重曹掃除、クエン酸掃除」↓↓

キッチン掃除


 

お風呂掃除


 

トイレ掃除